室内の乾燥対策に必要なこと

 

トラブルのないきれいな肌のためには、自分の肌質にあわせた対策はもちろんですが肌を乾燥から守ることも大切です。基礎化粧品などで肌のケアを行うことも良い方法ですが、それだけではなく普段過ごす室内にも気を配るようにするとよいです。室内の対策に必要なことがあります。特に、冬場などには暖房器具によって空気が温められると肌がパリパリになることがあります。af0060019972l
それを防ぐためには日中は換気をこまめにしたり、加湿器などを使うようにするのが良いです。また日中だけでなく、朝起きたら顔がかさかさなんてこともあります。それを防ぐ室内の対策としては、寝る前にベッドサイドに水を入れたコップを置いたり、寝室に濡らしたタオルを干すなどの工夫をするとよいです。入浴後に、お風呂場のバスタブを開けて蒸気を他の部屋に逃すのも良いです。夏場でも、エアコンなどの影響で肌がかさつくことがあります。パソコンやテレビなどがある部屋やオフィス内では、観葉植物や水栽培の球根などを置くと天然の加湿器の役割を果たしてくれます。観葉植物の葉に霧吹きで水を吹きかけてあげることで、植物の蒸散作用が活発化されるので更に効果的で、この対策方法は夏でも冬でも効果的です。