筋トレ後のストレッチで怪我や疲労を予防

2014.2.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

筋トレ後のストレッチで怪我や疲労を予防

体力作りや筋力増強を目的に自宅やトレーニングジムで筋力トレーニングを行っているという方も多いでしょう。
余計な怪我を防ぐために運動前に準備運動やストレッチを行っている方は多いものの、運動後にストレッチを行うという方は意外に少ないと言えます。
しかし日ごろから運動を行っている方ほどトレーニング後にストレッチを行い疲労を溜め込まないように勤めたり、筋肉が凝り固まってしまうことを防ぐものです。
プロも実践しているという点を記憶した上で、筋トレ後ほど柔軟運動は大切だということを覚えておくといいでしょう。
具体的にどのようなストレッチを行うべきなのかというと、鍛えた部分を重点的に揉み解すマッサージ方式と筋肉の筋を伸ばすような柔軟方式を合わせて行うことがお勧めです。
筋肉痛が起こらないように気をつけておけば、短期的ではなく長期的に同じ箇所を鍛える際に役立ちます。
さらには余計な怪我や故障を避けることにも繋がるため、できる限り時間を掛けてじっくりとトレーニング後の柔軟を行うといいと記憶しておいてください。
筋力トレーニングは長く続けないと効果が現れないため、少しでも長く続けるために注意すべき点はしっかり注意しておいてください。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。