大きな筋肉から鍛えること

2014.2.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

大きな筋肉から鍛えること

筋肉を発達させる事は基礎代謝が上がり、美容の面でとても良いです。正しい知識を身に付け最短で筋肉をつけましょう。キーワードは大きな筋肉から鍛える事です。大きい筋肉と言うのは、大雑把に言うと、胸、腹、背中、お尻、太もも、の筋肉です。この筋肉を鍛える為に知っておきたい三つのトレーニング方法が有ります。それはベンチプレス、デッドリフト、スクワットです。まず目的をしっかり定めます。ウエイトリフティングの選手の様な、一回に重たい物を持ち挙げる様になりたいのか、筋肥大させたいのか、筋持久力を鍛えたいのかというのをしっかり定めなければ行けません。筋肥大に絞って実施します。そうすると回数や重さが決まります。回数は大体10回から15回で、もうこれ以上動かない、となるように重さを設定します。このもう動かない、とうい状態にするのが、筋肉を発達させる為に重要な、成長ホルモンを分泌させるポイントです。この境地に達するには補助者がいたらより簡単にできます。成長ホルモンは筋肉を追い込めば追い込む程強く分泌されます。ですので自分でシャフトが挙がらなくなったら補助者に支えて貰い、更に動かなくなるまで実施します。これを約一分間隔で3から5セット実施します。これを毎日すれば良いかと言うと、そうでもなく、大体3日おき位が良いです。それより短ければ強い負荷を与える事は出来ず、間隔があくと元に戻ります。しかも負荷をかける部位もなるべく分散させた方が良いです。一挙に三種目やろうとすれば高いパフォーマンスが発揮できません。この様にやり方がわかれば地道に実践あるのみです。楽して筋肉はついてくれません。目標を持って頑張りましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。